大網、茂原の整体|肩こり、腰痛なら仙人堂

  • 電話
  • LINE
大網駅徒歩1分! 無料駐車場完備 21時まで営業

大網、茂原の整体|肩こり、腰痛なら仙人堂

仙人堂

肩こり・腰痛・顎関節症・膝の痛み・指の痛み

「ホームページを見て」とお電話ください。 0475-78-3470 営業時間/9:00〜21:00 定休日/木午後・日 完全予約制
  • ネット予約
  • LINE予約
  • 大網駅徒歩1分!
  • 無料駐車場完備
  • 21時まで営業
  • 改善のパターン
  • 適応疾患一覧
  • お問い合わせ

X脚

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 膝から下が外に曲がっている
  • 脚を閉じた時、膝は付くがくるぶしがつかない
  • 脚が疲れやすい
  • 靴の内側が減りやすい

X脚とは?

X脚は、O脚と同様に日本人の女性に多い脚の状態です。

 

X脚の場合は、立った姿勢のときに、膝上がくっついて両足のくるぶしの間が開いてXの字のように見える状態になっています。

 

両膝は内側に曲がっていますが、足をそろえても左右の内くるぶしが接しません。

 

見た目は内股になっています。

 

X脚の状態になると、足の親指や膝に過度に重心がかかってしまい、太腿に張りを感じたり、靴の踵の内側がすり減りやすくなります。


また、外反扁平足にもなりやすくなっています。

X脚の原因

X脚の状態になると、足関節の内くるぶしに過度の重心がかかっています。

 

足裏が外方向へ傾き、足裏のアーチもなくなっています。

 

この状態は、「外反扁平足(がいはんへんぺいそく)」の状態です。

 

歩行時には足先が必要以上に外方向に流れ、ねじれ歩行になっています。

 

ねじれ歩行の状態が長く続き、膝下が外側に彎曲してX脚となってしまいます。

 

X脚の状態で歩行を続けると、膝の内側の力が強くなっていますが、逆に膝下は外側に流れ、「ハ」の字の状態になっています。

 

X脚では、太腿が出っ張り、足の裏も外側を向いています。

 

脚は細くなりますが、上半身が太くなってしまうのが、X脚の特徴です。

似た症状を持つ疾患

X脚と似た症状としては、両膝が外側に彎曲するO脚があります。

 

そして、X脚やO脚などの足の変形状態が続き、その症状がひどくなると、関節痛を感じるようになります。

 

スポーツなどの過度の負荷が膝にかかった時だけではなく、慢性的な痛みを感じたり、腫れや赤みが見られるようになったりすれば、同じ関節痛でも変形性膝関節症や関節リウマチの疑いもあります。

 

いずれの病気も痛みの症状はX脚とよく似ていますが、原因が全く異なっていますので、正しい判断を行うために、病院での精密検査をおすすめします。

 

早期に専門医による判断と処置を必要とする場合があるからです。

合併症

X脚になると、脚の部分だけではなく、体全体にも悪い影響を与えます。

 

O脚と同様にX脚も骨盤が歪んだ状態です。

 

体の重心のバランスが崩れています。

 

正常な状態とは異なる筋肉に過度の負担がかかっています。

 

そのため、X脚になると、同時に腰痛や関節痛、外反母趾、外反扁平足などの他の症状を引き起こします。

 

さらにX脚の状態になると、血流の流れが悪くなります。

 

代謝も落ちてしまいますので、太りやすくなりダイエットをしても痩せにくくなります。

 

他にも冷え性や便秘にもなりやすいでしょう。

 

日中の仕事や歩行が多い方なら、疲れやすくなっており、悪化すれば立ち仕事や重い物を持つ仕事、移動の多い仕事などができなくなってしまう恐れがあります。

 

X脚では、足が細くなり、上半身が太ってしまう方が多く見られます。

悪化するとどうなるか?

X脚になると、脚の見た目が悪くなるだけではなく、下半身が細くなり、上半身が太りやすくなってしまいます。

 

この状態では痛みを感じることは少ないですが、X脚を放置し、その状態が悪化すると、膝の関節の軟骨がすり減りやすくなります。

 

歩くときや階段の昇り降りが痛みで辛くなります。

 

腫れも生じることがあります。

 

股関節が動かしにくくなります。

 

可動域が狭くなっているので要注意です。

 

歩き方にも違和感があり、見た目にも足の部分に異常があるのでは、とわかってしまいます。

 

慢性的な痛みに移行すると、変形性膝関節症や関節リウマチが疑われます。

 

特に高齢の女性は、関節軟骨のすり減りにより、変形性膝関節症を発症することが多くなっています。

病院での判断基準

X脚やO脚では、セルフチェックで外見上の異常が見られたら、病院で専門医の判断を受けてください。

 

ヒアリングを中心とし、歩き方を観察したり、レントゲン検査を行い、X脚かどうかを判断します。

 

病院で見てもらう理由は、病的な変形であるかどうかを鑑別する必要があるからです。

 

例えば、靱帯の異常(内側・外側側副靭帯の弛みや欠損)、先天的・後天的な大腿骨や脛骨の形態異常(Blount病やくる病、骨系統疾患)、外傷後の変形(骨端線損傷、骨幹部外傷)などが考えられるためです。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

X脚の改善には、足裏のバランスを整えて、ねじれ歩行を防ぐことが重要です。

 

そこで、足裏にテーピングを施したり、3本指のテーピング靴下を着用したりして足裏の外反扁平足を元に戻していきます。

 

良い足は、不安定な2点歩行ではなく、安定した3点歩行を行っているからです。

 

その他、足裏の可動域を広げるリハビリ運動や股関節の歪みを整える開脚運動、股関節ベルトやサラシの着用による歪みの矯正を行い、股関節の外側にある大転子を正常な位置に戻していきます。

X脚の改善が得意な整体をお探しの方へ

X脚を矯正できる装具もありますが、必ず効果が出るわけではありません。

 

運動不足を解消し足の筋力をつけるためにスクワットを実施したり、足底版と呼ばれる足の中敷きを靴の中に敷いて、地面からの過剰な衝撃とねじれを防ぎます。

 

病的なX脚の場合は、足の変形がひどくなると手術療法がおこなわれます。

 

一般的な手術は、形態異常を矯正するための骨切り術が行われます。

 

X脚の変形が進行すれば、一時的な骨端線閉鎖を目的として、内側に挿入するstaple固定術が行われることがあります。

当院では、X脚の原因となる足のねじれを矯正しています。

 

また、多くのX脚の方は、親指、小指の付け根、かかとの3点で立つことができていません。

 

この3点でバランスを取れるようにあわせて矯正していくことで、傾きをなくし歪みにくいまっすぐと伸びた足へと矯正していきます。

 

※X脚矯正は、オプションメニューになる為+2000円の施術料がかかります。


  • 0475783470

全国の開業している先生達に指導する技術力

メディア掲載情報

アクセスマップ

〒299-3235
大網白里市駒込440−8
大網ハイツB棟203

0475-78-3470

営業時間 : 9:00~21:00
定休日 : 木午後・日

大網駅徒歩1分 駐車場完備 21時まで営業

仙人堂への行き方

道案内1
道案内1の写真

大網駅の改札を出たら、左手のパン屋さん方面に向かって下さい。

道案内2
道案内2の写真

前方に同じようなマンションが2件あります。こちらの右側の交番の前にあるマンションの2階に当店があります。そのまままっすぐお進みください。

道案内3
道案内3の写真

1階にリビングスタジオさんという輸入家具屋さんがあります。当店は、2階の奥から2番目の所にあります。

道案内4
道案内4の写真

リビングスタジオさんの前を通過して、奥までお進みください。

道案内5
道案内5の写真

突き当りの奥2台が当店の駐車場になります。お車で来られる方は、こちらをご利用ください。

道案内6
道案内5の写真

駐車場の正面(線路側)に入口があります。 こちらから2階にお上がりください。

施術の流れ

施術の流れの説明
施術の流れの説明
はじめての方へ!ホームページ割引
  • 0475783470
top