大網、茂原の整体|肩こり、腰痛なら仙人堂

仙人堂

肩こり・腰痛・顎関節症・膝の痛み・指の痛み

「ホームページを見て」とお電話ください。 0475-78-3470 営業時間/9:00〜21:00 定休日/木午後・日 完全予約制
  • ネット予約
  • LINE予約
  • 大網駅徒歩1分!
  • 無料駐車場完備
  • 21時まで営業
  • 改善のパターン
  • 適応疾患一覧

自律神経失調症

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 眠りが浅い
  • めまいや立ちくらみがする
  • 頭痛がある
  • 疲労が取れない
  • おなかの調子が悪く下痢や便秘を繰り返す-
  • 呼吸が浅く息苦しい
  • 胃の調子が悪く吐き気がする
  • 病院に行っても異常がない、もしくはストレスと言われた

自律神経失調症の症状とは?

自律神経失調症は、誰もが一度は聞いたことがある名称です。

 

自律神経失調症は、正式な病名ではなく、自律神経のバランスが崩れ、体のさまざまな箇所に苦しい症状が現れるものです。

 

現れる症状は、他の疾患にも見られるものが多く、自律神経失調症かそうでないかを見極めることは困難です。

 

自律神経失調症の状態になると、生命活動に関わっている身体の各部位の働きがおかしくなってしまいます。

 

例えば、呼吸、消化器官、体温調節機能、体内湿度調節機能、発汗、血管の収縮、血液の量や血液の状態のコントロールなども、自律神経が行っていた自動調整ができなくなることで体調が悪くなります。


そして、大量の汗、冷えやのぼせ、ドライアイ、手足の震え、めまいや立ちくらみ、腹痛、下痢、便秘、睡眠不足、疲労感などのさまざまな症状を引き起こします。

自律神経失調症の原因とは?

自律神経失調症にも原因がありますが、主に考えられているのが、精神的なストレスによるものです。

 

同じようなストレスがかかっても何も感じない人もいますし、受け止め方も様々です。

 

ストレスに加えて、生活習慣の乱れやホルモンのバランスが崩れたときに、自律神経失調症になる確率が上がります。

 

ストレス耐性が低い性質を持つ人は、内向的で神経質な方に多くなっています。

 

性格に問題があるともいえますが、病気ではなくストレスを抱えやすい傾向があります。

 

他にも自分の感情をうまく表現できない性格の人やカフェインやタバコを多く摂取する人、昼夜逆転生活を送っている人、甲状腺ホルモンや女性ホルモンのバランスの崩れは、女性特有の生理的な変化や影響を受けやすいホルモンの性質により、自律神経失調症の各部位の症状となって現れます。

 

甲状腺機能が狂うと交感神経と副交感神経の働きもおかしくなり、自律神経失調症の状態になることがわかっています。

似た症状を持つ疾患

自律神経失調症は、正式な病名ではありませんが、ストレスが原因となる病気であれば名称は異なりますが、よく似た病気がたくさんあります。

 

例えば、うつ病をはじめとする気分障害、パニック障害などの不安障害の他、統合失調症や発達障害などのあらゆる精神疾患において、自律神経失調症とよく似た症状が現れます。


しかし、検査をしても身体疾患が見つからない、明らかな精神障害が認められない場合に自律神経症状が現れている場合は、自律神経失調症と診断されます。


自律神経失調症は、特定の身体疾患や特定の精神障害に分類されない症状のことを指し、暫定的に診断されることが多くなっています。

 

自律神経症状がひどくなれば、心と体の両方に関する重病に発展する可能性もありますので、経過観察は頻繁になおかつ慎重に行う必要はあるでしょう。

合併症

自律神経失調症は、特定の病気というものではなく、自律神経のバランスの乱れによる心身の異常が症状となって現れたものです。

 

自律神経が身体全体に分布しているので、あらゆる症状が合併症として生じる可能性がある、と考えられます。

 

自律神経失調症から、次第に原因と症状がはっきりとわかってくると、うつ病や、パニック障害、心身症などの特定の病名に変わっていきます。

 

初期の頃は、検査をしてもはっきりとした異常が認められないこともあり、自律神経失調症は患者を守るために一時的に使われる症状名だと考えていただいていいでしょう。

悪化するとどうなるか?

自律神経失調症は、これまで解説してきたように、自律神経がうまく働かなくなり、身体や精神に関する体全体の異常な症状を引き起こすものです。

 

自律神経失調症により心や身体に現れる症状が多いので、悪化するとその症状の原因が特定できるはっきりとした病名の病気になっていきます。

 

自律神経失調症は、主にストレスが原因です。

病院での判断基準

自律神経失調症であるか判断するには、同じ症状を起こす病気を否定したうえで特定されます。

 

特定の病気の疑いがあれば、まずはその病気にかかっているかどうかの検査が行われます。


その検査の結果、心身ともに病気として判断できない場合に、自律神経失調症と言われると思います。


他には自律神経の働きを調べる「シェロング起立試験」があります。

 

横になりそのまま立ち上がったときの血圧の変化を調べます。

 

自律神経失調症の疑いがある場合は、血圧が大きく下がります。


他にもヘッドアップティルト試験、眼球圧迫試験、バルサルバ呼吸試験、頸動脈圧迫試験、寒冷昇圧試験といった検査があります。

自分でできる対策、予防法、セルフケアなど

自律神経失調症の主要な原因は、ストレスです。

 

そのため、ストレスを開放させる方法を実践したり、毎日の生活習慣を改めることで予防と改善につなげることができます。

 

規則正しい食生活や生活リズムの重視、こまめに運動する習慣も身に着けてください。

 

さらに飲酒、タバコ、カフェインの過剰摂取などもできる限り控えるべきです。


その他、呼吸を整えてリラックスできる自律訓練法や漸進的筋弛緩法(リラクゼーション)なども自律神経失調症の予防や改善に有効です。

一般的な改善方法

自律神経失調症は、さまざまな症状を和らげるために、薬を使った治療を行います。


その際、抗うつ剤や安定剤、睡眠薬を使用して気持ちを安定させます。

 

ストレスも緩和させ、自律神経のバランスを整えます。


次に心や身体に生じている具体的な症状を抑える薬を処方します。


トフィソパムという自律神経のバランスを整える作用を持つ薬を使用したり、多彩な症状を緩和する作用を持つ漢方薬(半夏厚朴湯ハンゲコウボクトウ、女神散ニョシンサンなど)を使うことがあります。


薬以外では、自律訓練法や筋弛緩法により自律神経のバランスを整え、生活習慣の改善、ストレスの根本原因を取り除くなどの方法を行います。

自律神経失調の改善が得意な整体をお探しの方へ

当院では、自律神経失調症を改善する為に、骨盤・背骨・頭蓋骨をミリ単位で整えていきます。

 

自律神経は、頸椎の1・2番に付着し、背骨を通って仙骨に付着しています。

 

また、背骨の歪みは内臓の不調を招く原因となります。

 

頭蓋骨は、歪むという認識はあまりないかもしれませんが、呼吸と連動し動いているのですがストレスで食いしばっていたり、目の疲労などからも頭蓋骨は歪み可動が悪くなり、頭痛やめまいなどの原因となるので歪みの矯正は欠かせません。

 

自律神経のバランスが崩れている方は、内臓の機能も低下しています。

 

肝臓や腎臓、副腎の機能が低下すると体が疲れやすくなり、寝ても疲れがとれずだるくなります。

 

歪みの矯正だけ行っているようでは、残念ながらいつまでたっても状態の回復は見込めないのです。

 

当院では内臓の機能を高め本質的に自律神経のバランスを整えていきます。


全国の開業している先生達に指導する技術力

メディア掲載情報

アクセスマップ

仙人堂(せんにんどう)

〒299-3235
大網白里市駒込440−8
大網ハイツB棟203

0475-78-3470

営業時間 : 9:00~21:00
定休日 : 木午後・日

完全予約制
地図
地図
JR外房線大網駅徒歩1分 無料駐車場2台完備 21時まで営業

仙人堂への行き方

道案内1

大網駅の改札を出たら、左手のパン屋さん方面に向かって下さい。

道案内2

前方に同じようなマンションが2件あります。 こちらの右側の交番の前にあるマンションの2階に当店があります。そのまままっすぐお進みください。

道案内3

1階にリビングスタジオさんという輸入家具屋さんがあります。当店は、2階の奥から2番目の所にあります。

道案内4

リビングスタジオさんの前を通過して、奥までお進みください。

道案内5

突き当りの奥2台が当店の駐車場になります。お車で来られる方は、こちらをご利用ください。

道案内6

駐車場の正面(線路側)に入口があります。 こちらから2階にお上がりください。

施術の流れ

施術の流れの説明
はじめての方へ!ホームページ割引
top
Copyright© 2017 sennindo All Rights Reserved.